デイリー新潮

イマイマイズム見聞録

渋谷のハロウィン・ナイト|イマイマイズム見聞録[第34回]

現在発売中

  • 【台湾・中国現地取材】蓮舫「二重国籍」のファミリーヒストリー
     民進党代表、二重国籍の原点/高橋政陽
  • 【特集】トランプ時代の「世直し」大暴論
    「非核三原則」を捨て、北朝鮮との「国交回復」を/三浦瑠麗
    そろそろやめたらどうか「パラリンピック」/適菜収
  • 【学校前張込み記者レポート】激ヤセ「愛子さま」の一年/佐藤あさ子

新潮45 2017年4月号 
2017/3/18発売

ネット書店で購入する

 私が初めて「ハロウィン」というものを目にしたのは、子供の頃に見た映画「E.T.」だった。思い思いの仮装をした楽しそうな人々が街に溢れ、それに紛れてE.T.が家の外へ、というシーンがあった。それを見て「私も仮装してみた~い」なんて感情が湧くことはもちろんなく、ただ「アメリカには、こんな行事があるんだ」ということだけが胸に刻まれた。

...

記事全文を読む

  • 新潮45
  • 2014年12月号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事