デイリー新潮

社会

日本に性風俗店は何店舗あるのかを計算してみた――『日本の風俗嬢』(2)

 日本に性風俗店は何店舗あるのか。このシンプルな問いへの答えを導くのは意外と難しい。『日本の風俗嬢』の著者、中村淳彦氏は、次のような計算をもとに推定をしている。

 まず、届出のある業種については警察白書の統計からわかる。「店舗型第一号営業(ソープランド)」は1246店。「店舗型第二号営業(ファッションヘルス、性感マッサージ等)」は822店。「無店舗型第一号営業(各種デリバリーヘルス、ホテルヘルス)」は1万7204店(いずれも2011年の数字)。

 これだけで合計約1万9000店となる。

 が、やっかいなのは無届や偽装の届出で営業している店がある点だ、と中村氏は語る。

「店内に個室やシャワー設備のないピンサロや本サロ、ちょんの間などは『店舗型第二営業』の条件に該当しないため、別の届出をして営業をしていることが多い。そうした店は全国にソープランドの倍程度、つまり2500店くらいはあると推測できます」

 逆に、届出はあるものの営業していない店も多いという。

「デリヘルは急増して競争が激しいために実際には撤退してしまっている業者が後を絶ちません。実際に営業しているのは届出数のおよそ半分、8500店くらいだと見られています」(同)

 こうしたことを考慮した上で、中村氏は次のように算出している。

「ソープランド1250店+店舗型ヘルス、イメクラなど820店+無店舗型デリバリーヘルスなど8500店+偽装届出・無届店2500店=1万3070店」(『日本の風俗嬢』より)

 違法店も含めて、およそ1万3000店があるのではないか、というのが中村氏の見立てである。

 ちなみにセブン・イレブンが約1万6000店、マクドナルドが約3300店、スターバックスが約1000店、老人デイサービス施設が約2万6000箇所。これと比べて1万3000店というのが多いのか少ないのか、感想は人それぞれだろうが、中村氏はこう指摘している。

「少なくともこの数年、業界から景気のいい話は聞いたことがありません。その点から考えれば、店舗数は増えすぎている状況にあると思います」

デイリー新潮編集部

この記事の関連記事