デイリー新潮

イマイマイズム見聞録

裁判傍聴|イマイマイズム見聞録[第27回]

現在発売中

  • 【特集】病の「人生学」 ◎ガンとの闘いで僕が知った幸せ…つんく♂ ◎治らないB型肝炎とうまく生きる…石川ひとみ
  • 【下請け業者激白】「手抜き除染」全手口/上條昌史
  • 【現地ルポ】愛知県にある「偉人輩出」の町/山口義正

新潮45 2017年2月号 
2017/1/18発売

ネット書店で購入する

 「ネオが先でテオが後ですか?」

 10時ちょうどになり、正面の扉が開いて、黒い法服を身にまとった裁判官が3人入ってくる。同時に「起立!」という大声の号令が響き、傍聴人も含め、法廷内にいる全員が弾かれたように立ち上がる。...

記事全文を読む

  • 新潮45
  • 2014年5月号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事