デイリー新潮

文芸・マンガ

「良心的出版社」を再吟味する/『物語 岩波書店百年史 2』

 カバーの金の箔押しタイトルが眩しい『物語 岩波書店百年史』全三巻が書店に並んでいた。岩波書店創業百年記念の金ピカ本で、岩波茂雄が女学校の先生をやめて、神保町に正札販売の古本屋を開いてから既に一世紀が経過したわけだ。...

記事全文を読む

この記事の関連記事