デイリー新潮

文芸・マンガ

もう一つの教科書問題 名作小説採択の裏側

 芥川龍之介『羅生門』、夏目漱石『こころ』、森鴎外『舞姫』。この3作の共通点とは何か?

 もちろん、「日本文学の名作中の名作」というのも正解なのだが、もう一つ、共通点がある。それは「高校生の国語教科書の定番中の定番」という点である。

 たとえば『羅生門』は、現在、高校で用いられている高校一年「国語総合」のすべての教科書に掲載されている。

...

記事全文を読む

この記事の関連記事