デイリー新潮

イマイマイズム見聞録

海洋散骨体験クルーズ|イマイマイズム見聞録[第17回]

現在発売中

  • 【台湾・中国現地取材】蓮舫「二重国籍」のファミリーヒストリー
     民進党代表、二重国籍の原点/高橋政陽
  • 【特集】トランプ時代の「世直し」大暴論
    「非核三原則」を捨て、北朝鮮との「国交回復」を/三浦瑠麗
    そろそろやめたらどうか「パラリンピック」/適菜収
  • 【学校前張込み記者レポート】激ヤセ「愛子さま」の一年/佐藤あさ子

新潮45 2017年4月号 
2017/3/18発売

ネット書店で購入する

 体験当日、世にも美しい五月晴れの午後、集合場所である勝どきの船着き場へ。一艘小型クルーズ船が停まっており、乗船口に、目立たぬよう、でもキレイに草花が添えられた「偲 ○○○○様」と人名の入ったプレートが。これが今日乗る船である。係の人に挨拶され、誘導されて中に。
 中央にテーブルが組まれ、周りに15名ほどが座れる椅子が用意された船内客室。

...

記事全文を読む

  • 新潮45
  • 2013年7月号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事