デイリー新潮

文芸・マンガ

「自由」を思い続けた父子/『山靴の画文ヤ辻まことのこと』

 父と母の存在が、子供の人生に負債となって貼りついている人生とはいかなるものなのだろうか。
 父は「コキュ」の汚名を背負い、虚無僧姿で全国を放浪、時には発狂し、戦時下に餓死するダダイスト辻潤。母はアナーキスト大杉栄のもとに奔り、甘粕事件で虐殺される「新しい女」伊藤野枝。...

記事全文を読む

この記事の関連記事