デイリー新潮

話題の本

私たち日本人は「地球で一番危険な場所」に住み続けている―地震と噴火は必ず起こる

国土の6割を覆う森林、豊富な海洋資源、恵まれた水と温泉――こうした自然の恩恵は、日本が類まれな「危険地帯」にあるからこそなのだ。4枚のプレートがせめぎ合い、全地球で2割の地震と8%の火山が集中する列島。マグマ学者がその仕組みを地球誕生までさかのぼって説明し、明日起きてもおかしくない大災害を警告する。

...

記事全文を読む

この記事の関連記事